債務整理後、クレジットカードはどうなる?※よくある債務整理の質問

債務整理後、クレジットカードはどうなる?※よくある債務整理の質問

債務整理後、クレジットカードはどうなる?※よくある債務整理の質問

債務整理した時のデメリットとして、個人信用情報機関のブラックリストに登録されてしまうというものがあります。これに登録されていると、クレジットカードの利用が難しくなりますが、状況によって違いがあります。
まず、債務整理で整理を行ったクレジットカードについてはすぐに利用できなくなります。しかし、債務整理では債務を選択できるものがあり、クレジットカードの債務を除外することができます。また、選択できないものであっても、クレジットカードの利用残高が0であれば債務整理の対象にはなりません。このように、整理の対象にならなかった場合、カード会社はブラックリストに登録されたことをすぐに知ることはできません。これにより、登録されたことを気付かれるまでの間は既に所持しているカードを使い続けることができます。気付かれないようにするには、ショッピングで一括払いの利用だけにします。分割払いやキャッシングなどは個人信用情報機関への照会が行われるため、ブラックリストに登録されていることに気付かれ、使用不可になります。また、一括払いだけであっても、カードの更新の際には気付かれてしまうので、利用できなくなります。
クレジットカードを新規に作成する場合、ブラックリストから削除されるまでは審査に通りにくくなります。最大で10年間で削除されるため、それ以降であれば審査に通るようになります。ただし、一度債務整理を行い、減額された債務を返済中に返済の遅延を起こすと削除されるまでの期間の起点がその遅延を解決した時点になり、長期化してしまうので遅延を起こさないようにしなければなりません。