債務整理の条件を詳しく教えてください【基礎から知りたい債務整理】

債務整理の条件を詳しく教えてください【基礎から知りたい債務整理】

債務整理の条件を詳しく教えてください【基礎から知りたい債務整理】

借金が増えてしまった理由や、金額などについてはそれぞれの債務者ごとに異なるものと言えます。
借金を解決するためには債務者ごとに違う借金ができた理由や金額などの条件ごとに、適切な選択肢によって進めることが大切です。
借金を解決できる手段として債務整理がありますが、代表的に用いられる手続きとしては自己破産と任意整理になります。
自己破産は裁判所に借金の支払い能力が認めてもらえることが、手続きを完了できる条件になります。
支払い能力が認められるかどうかは、得ている収入の金額に対して抱えている借金額を3年程度で返済可能かどうかによって判断されます。
3年程度で返済できない場合には、返済能力がないものとして自己破産の手続きが認められることになります。
また、借金の理由としても、騙して借り入れたものや、不利益を与えるために財産を処分した場合、浪費やギャンブルによってできた借金のときには、免責許可を認めてもらうことができません。
債務整理の中でも自己破産は、全ての借金を無しにすることが可能な手続きとなりますが、認めてもらうためにはいくつかの条件を満たす必要があります。
一方で、任意整理の場合では弁護士などに依頼することで、借り入れを行っている貸金業者と交渉をすることで手続きを進めるものとなりますので、債務整理の手続きを行うための条件というものはありません。
ただし、任意整理は借金額の全てを免除してもらえる手続きではありませんので、減額された借金について完済できる収入を得ておく必要があります。